室積地区盆踊り大会

櫓(やぐら)の下にしつらえられた祭壇には「三界万霊(さんがいばんれい)」と書かれた灯籠が置かれ、新盆を迎えた故人の戒名が貼り出されます。

盆踊り大会の始まる前に、室積にある寺(専光寺、長安寺、如宝寺、普賢寺)の住職が集まり、宗派を超えて、室積の全ての霊を合同で供養し、新盆を迎えた親族が焼香します。  

※「三界」とは仏教用語で、一切衆生(いっさいしゅじょう)が、生まれ、また死んで往来する、欲界・色界・無色界の三つの世界を指し、その「万霊」つまり自分の先祖だけでなく、この土地に眠るすべての霊魂を供養するという意味になります。

「三界万霊」の灯籠の反対側には「杵崎神社」と書かれています。 初めに「杵崎神社」を表にして奉納の地踊りが始まります。 次に「三界万霊」を表にして、供養の地踊りを踊ります。供養踊りでは、太鼓のほかに鐘も叩きます。

 

開催日 場所
○第43回 平成21年(2009)8月15日(土) 室積市場公園
○第42回 平成20年(2008)8月10日(日) 室積市場公園
○第41回 平成19年(2007)8月12日(日) 室積市場公園
○第40回 平成18年(2006)8月12日(土) 室積市場公園
○第39回 平成17年(2005)8月13日(土) 室積市場公園
○第38回 平成16年(2004)8月14日(土) 室積市場公園

▲ページ先頭へ

 
inserted by FC2 system