地踊り

※青字は付け声

節一:始まり
ホラ 猿に鈴を かつがしょう シャーンゴ シャーンゴ シャーンゴヨー
ホラ も一つ追いかけ 参らしょう シャーンゴ シャーンゴ シャーンゴヨー

節二:基本に戻るための節
アラ シャーンゴで よう揃うたぞな こえーえーの 打てさー
七つ太鼓を 八つにゃ打て ハリャリャ

節三:基本
今のハリャリャで 調子が揃うた ヨーヨー
調子そろえてよ ヨーイヤサで踊れ エンエンエー ヤトマカセー

今宵踊りはよ 伊達ではないど ヨーヨー
杵崎様へのよ 御ご馳走じゃ エンエンエー ヤトマカセー

先祖数々の 亡者のために ヨーヨー
さあさこれからよ 口説きにかかる エンエンエー ヤトマカセー

国は何処かよと 尋ねたなれば ヨーヨー
国は九州 豊後の国よ エンエンエー ヤトマカセー

~以下略(こうして長い物語が始まります)~

節四:基本の合間に突然これを入れて変化を付ける(まぜくる)
私しゃこの先が エーエンコーのサーンゴ エーエーの エーエーの サーンサー
そういうて だまくらかしたが 側の衆は 合点か オーオーサー 合点どー

節二:基本に戻るための節
アラ 合点なら よう揃うたぞな こえーえーの 打てさー
七つ太鼓を 八つにゃ打て ハリャリャ

節一:途中で入れる
ホラ あっちの船もゴトゴト シャーンゴ シャーンゴ シャーンゴヨー
ホラ こっちの船もゴトゴト シャーンゴ シャーンゴ シャーンゴヨー

節二:基本に戻るための節
アラ 破れた 底抜け伝馬のな こえーえーの 打てさー
七つ太鼓を 八つにゃ打て ハリャリャ

節三:基本
私しゃこの先が まだも読みたいが ヨーヨー
後の御先生が 袖つま引きゃる エンエンエー ヤトマカセー

節五:口説き手交代を告げる節
ヤレ ヨーイサを 渡しますぞえな こえーえーの 打てさー
七つ太鼓を 八つにゃ打て ハリャリャ

節三:基本
今のハリャリャの その声もろうて ヨーヨー
私しゃこれからよ 口説きにかかる エンエンエー ヤトマカセー

●付け声のバリエーション
打てさー 七つ太鼓を 八つにゃ打て ハリャリャ
飲めさー 酒を飲まねば 仕様がないない ハリャリャ
お月さー お月や 山辺に出てござる ハリャリャ
あるかえー 親がござれば 極楽で ハリャリャ
柳さー 水の流れを 見て暮らす ハリャリャ
梅さー 紫蘇と馴染んで 色づいた ハリャリャ
杖さー うなが錫杖で ねとが杖 ハリャリャ
舟さー 艫を敷寝に 梶を枕 ハリャリャ

上記のとおり、口説きには5種類の節があります。
節三:基本部分では、江戸時代に流行した「いろは口説き」「岩国騒動」「鈴木主水」などが口説かれます。

▲ページ先頭へ

 
inserted by FC2 system